インド・スパイス料理研究家 香取薫の料理教室 キッチンスタジオ ペイズリー

FAQアクセス会社案内お問い合わせ
新規
お申込
特別講座
お申込
レッスン
スケジュール

南インド料理コース2

全3回 各回申し込み 定員各回 10名
受講料 各回 13,200円
定員 各回 10名(最低催行人数8名)
南インド料理コース
大好評『南インド料理コース』の続編、開講です。

『南インド料理コース』を修了した方が対象です。

大人気のビリヤーニ、チキン65、インドでは珍しい牛豚肉を使った料理、現代では珍しい伝統料理など、豊かな食文化を再現する鮮やかなラインナップに構成しました。

現地でどのようにして生まれた料理か、その歴史や背景を学び、手間をかけながら「本物」を味わってください。

本コースの開催について

全3回のコースで、2か月ごとに内容が変わります。毎年10月〜翌年の4月にかけ開講し、平日クラスと週末クラスがありますので、ご都合に合わせてお選びください。
(ペイズリー主催のインド旅行の開催状況により、実施月がずれる年もあります)

募集開始につきましては、8月1発行のメールマガジン(会員用)にてお知らせいたします。 コース初月となる「ハイダラーバード編・10月クラス」のご案内をお待ちください。
その後も引き続き、9〜1月のメールマガジンで募集情報を発信いたします。

ご予約方法について

全3回のコースは、各回ごとに3回のお申込が必要です。 開講日2ヶ月前の月初(1日の20:00)に予約受付を開始、先着順となります。

カリキュラム(メニューは変更になることがあります)
ハイダラーバード編(10月と11月)

デランガーナ州のハイダラーバードはイスラームの食文化つながりで、北インドからやってきたビリヤーニが有名です。そのルーツや特色の講義をしたのち、この土地ならではのビリヤーニを2種類つくるという贅沢な回です。

ビリヤーニとしてのテクニックを最大限に出したスタイルをチキンで、そしてクラシックでリッチなスタイルをラムチョップで作ります。他の地域とは違うビリヤーニ用のカレーやふさわしいラーエターはどんなものなのか。

そして人気のチキン65を、一番美味しいといわれているハイダラーバード式で堪能します。

チェッティナードゥ編(12月と1月)

タミルナードゥ州のグルメ料理としてインド中に名高いチェッティヤールの人々の作る豪華なスパイス料理を、最も伝統を重んじる一族直伝のレシピで作ります。

日本ではなかなか見ることのない白い小さな揚げパン「ベーライパニヤラム」も、その特徴である周囲が優しく波打った可愛らしい姿に作り上げます。 同時に単に美味しいものではなくこのレベルの高いインド料理はどういうものなのか、それはなぜ生まれたのかなどをたっぷり座学で学びます。

現代では失われつつある本物のチェッティナードゥ料理のフレーバーを楽しんで下さい。

ケーララ編(2月と3月)

いかにも南インドらしい、ココナッツ香る料理です。シンプルなものからクリスチャンが作る牛肉豚肉を含むヘビーなノンベジ料理までバラエティー豊かです。

面白いのは米どころであるこの地域でイスラームの人たちが断食のときに食べる米粉の薄焼きパンです。グルテンのほぼない米粉をいかに伸ばしてゆくかも見どころです。

じっくり焼いた魚も添えて、現地のアーユルヴェーダドリンクとともに豪華で色彩豊かな仕上がりです。

こんな方に最適なコースです
受講ステップ

「受講中のコースが終わりそう、次にどのコースを選ぼう?」講師や事務スタッフがご相談に乗ります。お気軽にお声がけください。 『アーユルヴェーダ料理コース』『スリランカ料理コース』は単発コースとして受講可能です。 準会員から本会員へ移行される際は、入会金の差額をいただきます(お得な割引制度あり)。詳しくは事務スタッフへお問合せください。

本会員(『ビギナーズコース』からはじめる方)
  • 入会費:13,200円
  • 会員有効期限:3年
  • 『インストラクターコース』修了後は永年会員となります。
準会員(『アーユルヴェーダ料理コース』『スリランカ料理コース』からはじめる方)
  • 入会費:5,500円
  • 会員有効期限:3年
  • 『ビギナーズコース』のご受講を希望される場合は、本会員へのアップグレードが必要です。追加料金と割引制度については事務スタッフへお問合せください。
お支払い等の注意事項

『ビギナーズコース』に
お申込みの方には
14種類のスパイスセットと
レシピ用ファイルをプレゼント!

新規お申込はこちら
キッチンスタジオ ペイズリー
公式SNS
キッチンスタジオ ペイズリー

〒181-0011 東京都三鷹市井口3-11-44

TEL / FAX:0422-34-8544

MAIL:cooking@curry-spice.jp